ニュースNEWS

2018年12月21日

コーポレート | お知らせ

当社仙台支店のビジネスアイデアがX-Tech Innovation 2018で協賛企業賞を受賞しました

2018年12月18日に行われたビジネスコンテスト「X-Tech Innovation 2018*」の最終選考において、当社仙台支店のビジネスアイデア「AIと画像認識技術を組合せた計測/識別サービス」が、最終選考進出企業12社中4位で、協賛企業賞を受賞しました。

 

「X-Tech Innovation 2018」は、地域に根ざした企業のビジネスの加速や、地域の生活者・企業にとって有益なサービスを生み出す参加企業がビジネスアイデアを持ち寄り、北海道(札幌)、東北(仙台)、九州(福岡)、沖縄(那覇)の4地域に分かれて開催されました。

 

東北活性化への貢献と共に、「仙台はっしん(仙台からの発進・発信)」をヴィジョンに掲げる当社仙台支店は、東北地区のテーマ「“東北の魅力”דIT”」の元、最終選考で「AIと画像認識技術を組合せた計測/識別サービス」”キッズ鑑”のプレゼンテーションを行い、受賞に至りました。

キッズ鑑はスマートフォン向けアプリで、地域の名産品などを撮影した写真が、アプリ内に登録されているイメージ情報と一致すると、合致率と共に図鑑として埋まっていくというサービスで、ユーザーの行動や体験を楽しく思い出に残せるのと同時に、地域活性化への貢献に繋がるサービスとなっております。

 

キッズ鑑 画面イメージ

 

キッズ鑑はサービスの実現に向け、地域の企業の方や自治体の方からの協賛を募集しております。
また、当社では今後も、AIや画像認識技術を活かしたサービスを積極的に提案してまいります。

 

*:X-Tech Innovationは、ふくおかフィナンシャルグループ、北海道銀行、七十七銀行、沖縄銀行が主催する、デジタルテクノロジーを活用した新しいサービスを広く募集したビジネスコンテストです。

 

【テンダ仙台支店 ホームページ】

http://sendai.tenda.co.jp/

 

【X-Tech Innovation 2018 公式サイト】

https://www.ibank.co.jp/xtech2018/

 

【サービスに関するお問い合わせはこちら】

https://tenda.co.jp/sendai/mail_form/contact.html

 

最終選考の様子

 

 

一覧に戻る

(C) TENDA Co., Ltd.