「まずはやってみたい」を形にする、


国内ラボ型開発の


「テンダラボ」

Overview

ラボ型開発とは

状況に応じて必要な人材を必要な期間だけ契約する開発形態のことです。
従来の受託開発では、要件定義、設計、実装、テストと順を追って進めていき、一度決めた仕様は変更できません。そのため、新規事業など検討を重ねながら進めたい場合に下記のような問題がありました。

  • 仕様変更リスクが見積額に上乗せされるため、初期投資額が膨大になる。
  • 仕様書が絶対であるため、仕様確定後の軌道修正ができない。

対してラボ型開発では人員のみを抑えるため、一度決めた仕様やスケジュールに縛られることがありません。
「まだ詳細は決まっていないけど、とりあえずやってみよう」といった実験的な動き方ができるようになりました。
R&DやPoCなど、要望が都度変化する開発にも向いております。

テンダが推進するのは早くて安心な”国内ラボ”

ラボ型開発というと、海外に開発拠点を持つオフショア開発が一般的でした。
エンジニア単価によるコストメリットがある一方、やりとりがブリッジSE頼みになってしまうため、対応スピードの低下や、コミュニケーションロスが発生するリスク不安を抱えています。

テンダでは手早く柔軟に対応が行えるよう、国内エンジニアが対応を行うラボ体制を構築しております。作業者がミーティングに同席し、直接情報を連携するといった動き方も可能です。

テンダラボのメリット

スピード対応
要件変更や追加要望が発生しても、追加見積りなしで即時対応が可能です
また、テンダのラボ型開発はすべて日本国内のエンジニアが対応いたします。
そのため、時差や言葉の壁によるコミュニケーションロスが起きることはありません。
柔軟な対応
要件の途中変更、仕様変更、スケジュール変更が発生しても柔軟に対応が可能です。
最初の要件に縛られない、保守運用体制とは違った体制を構築します。
高スキル技術者の確保
テンダラボは「受託開発チーム」に所属した形での体制構築です。
社内受託開発で鍛えられたスキルの高い技術者をアサインいたします
上流工程の対応もできるので、明確な全体の要件が未確定な状態からの「とりあえず着手」ができます。
内部サポート体制
フロントとなる要員をアサインし、他メンバーの指示管理は弊社が行います。
技術面でのサポートなども弊社が責任を持って行います
コストの最小化
受託案件などで発生するリスク工数を上乗せしないため、実稼動分の費用のみ発生します。
また、一定金額の月額発生となるため、コスト計画がたてやすい形となります。
非常駐となるため、貴社の場所や機材の準備は不要です
常駐と違い、撤収後の無駄資産の残留を防止できます。

システム開発でこんな悩みを持つ企業様に!

新規事業なので要件が固まっていない。進める中で内容を固めていきたいがコストは最小限にしたい。

途中でやりたいことが変わっても柔軟に対応してほしい。

国内の実績ある技術者をパートナーにしてサービスの構築を行っていきたい。

サイト構築・開発のご相談は
株式会社テンダへお問い合わせください

20年以上の開発実績、公式サイト構築600件以上の実績